アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
LOHAS建築探訪−Natural Design−
ブログ紹介
「なぜかわからないけど、そこの空間にいると居心地がいい。」
そんな経験ありませんか。
そのような建築は設計者が意図しているしていないに関わらず、自然と調和していることが多かったりします。
また、風水・気学的にも優れていたりします。
そんな素敵な建築をCAFE、HOTEL、住宅、マンション、オールジャンルでLOHAS的、ECO的ポイントをいれながら、探訪していきたいと思います。


zoom RSS

扉温泉「明神館」/長野

2007/05/24 00:15
画像

長野県松本市の山奥にある温泉宿明神館をご紹介します。
日本神話の岩戸伝説に由来する「扉温泉」の名のとおり、神秘的で穂高岳を望む位置にひっそりとたたずんでいます。
内と外との繋がり方が絶妙で、写真の立湯温泉「雪月花」では露天でもなく屋内でもない、半屋外的な空間に外の森を水面の工夫によって取り込みそこにいると自然と一体になったような感覚になれるデザインがなされています。
また、談話室は渓谷に面していますがあえて空間的に閉じ、風とせせらぎの音で渓谷を感じれるデザインになっています。
ECO的には電気は自家発電、二酸化炭素の排出抑制のためLPガス、料理の残りは生ごみ処理機にかけ肥料にし、携帯電話のアンテナはあえてたてない、というこだわり。徹底してます。
風水的には立地は山の中腹にたっており、後ろには山が、前は開けて、渓谷のカーブの内側にあり、風がほどよく流れる設計になっています。
画像


お料理は地産地消にこだわったとても美味しいお料理。
スタッフの方も温かいサービスで迎えてくれます。
神様が入っていたかもしれない温泉。
心身を開放して清々しさにひたってください。

LOHAS ポイント ☆☆☆☆☆
ECO ポイント   ☆☆☆☆☆
風水 ポイント   ☆☆☆☆
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3


montoak/表参道

2006/09/26 22:54
表参道にあるカフェ、montoakをご紹介します。
こちらはCIBONE,TARLUMなどを手がけた形見一郎氏デザインです。
画像

表参道ヒルズを始めとしてすっかりブランドストリートとなった表参道。美しいケヤキ並木があり洗練された雰囲気のある一角にここはあります。

外観は打放しとブロンズガラス張りの3階建でカフェデザインの巨匠ならではの立地を吟味しつくした空間構成です。通りからは見逃してしまいそうなほど景観に馴染んでますが、中に入ると一転してスノッブ感あるNYテイストのインテリア。2階はテラス席があり、表参道の自然環境を上手く取り込んでいます。都心でありながら自然とデザインの融合点が高いです。

建材については特にECOに配慮しているということはないですがタイルと打放しでシンプルに仕上げてます。

風水的には明治神宮からの気の流れをガラスで適度にブロックしながら取り込んでいるのと入口入って右回転にスキップフロアになっていて気の流れがスムーズになってます。

画像


お店に入ると夜でも「いらっしゃいませ」ではなく「こんにちわ」。そんな肩肘はらず大人の雰囲気たっぷりのこのお店、お気に入りの服で大切な人と素敵な会話で盛り上がりたい。そんな空間です。

【LOHAS design】  ★★★★★
【ECO 建材 】   ★★★
【風水】       ★★★★★

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3


雲場亭/軽井沢

2006/09/18 20:28
軽井沢、雲場の池のほとりにあるカフェレストラン「雲場亭」の紹介です。
画像

こちらは黒岩哲彦先生設計で商環境デザイン賞を受賞しています。
軽井沢という湿気の多い場所をよみ高床式の構造となっていますが、構造自体がとてもでデザインされていて、雲場の池が一番綺麗に見える高さに設計されてます。
また、池のほとりであることから虫が室内に入らないよう照明はあえて外に設けるなど細かい配慮がされており「LOHAS design」ポイントは5。

最近のちょっと軽いノリではなく、歴史ある軽井沢の風景に馴染む自然素材を採用しているのでECO建材ポイントは4。

風水的には池のほとりという難しい立地ですが自然を取り込みながらも気が滞らないような配置計画となっているのと道路に対しての流れは十分なので風水ポイントは4。

画像


最も軽井沢らしい鹿島の森深くに位置する雲場の池は清涼な凛とした空気の中、深緑の香りに誘われて散策すると気持ちがすーっと透明になっていきます。朝靄のこる畔を散歩して軽井沢を堪能してからのランチがおすすめです。

【LOHAS design】  ★★★★★
【ECO 建材 】   ★★★★
【風水】       ★★★★
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 1


Blue moon/葉山一色海岸

2006/09/08 20:15
<
画像


葉山一色海岸の海の家「Blue moon」をご紹介します。
初回からいきなり仮設建築ですが、夏の思い出ついでにピックアップしました。
いくつかある海の家の中で楽園的な居心地のよさのあるBlue moon。

ピラミッド型のシンボリックなフォルムと全てが有機の地産建材であり、太陽光発電、自然のとりこみ方、無機的なスピーカーも有機的にコラージュするなど葉山らしい洗練されたデザインであることから「LOHAS design」は5ポイント。

軸組みの竹は放っておけば荒れてしまう葉山の竹林から切出し、秋になれば保存し来年また使う。古くなったら中学校の竹炭つくりの教材となります。床はウッドデッキなどにせず、あえて砂浜の砂。「ECO 建材」も5ポイントです。

ピラミッドをモチーフにし三角形はエネルギーが集中する”火”の建築で皆が集まり賑わうのに適したデザインで、また立地も背部が小高くなっていてバランスがいいです。砂は気を吸ってしまうのであまりいいとされませんが、ここの場合はなんといっても「海の家」ですからOK!ということで「風水ポイント」は4。
画像


白昼、夕昏のサンセット、夜の南国のバー、どの時間にふらっときても、ゆるーく受けいれてくれる空気感があります。人のおりなす音と自然のおりなす音が心地よく混じりあう2ヶ月限定の楽園Blue moon、来年よかったら訪れてみてください。
【LOHAS design】  ★★★★★
【ECO 建材 】   ★★★★★
【風水】       ★★★★
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月別リンク

LOHAS建築探訪−Natural Design−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる